お預かりした掛金は割賦販売法の規定に基づき
保全措置を取っているので安心です。

互助会は、経済産業省許可のもと、お預かりした積立金の2分の1を供託保全する義務があります。これは互助会が万が一破綻したり解散した際に、会員の財産を保全するためです。このような仕組みはありますが、しかしながら互助会によっては、万が一の場合に掛金の半分ほどしか戻らない場合もあります。共栄互助会ではこのようなことが起こらないように、約款第19条で掛金全額のお返しをお約束しております。これが可能なのは、お預かりした掛金を運転資金等に用いることなく、割賦販売法の規定に基づき保全しているためです。この全国的にも珍しい運用方式を厳格なルールとすることで、共栄互助会は、お客様に安心・ご信頼をいただいております。





会員規約